2017年03月05日

MP7 プリコックカスタム 動画付き

前回のMAC10プリコックに引き続き、急遽MP7もプリコックをやってみました。



ちょっと急いでたんで途中の作業画像は一切なしです。

メカボはほぼノーマル。
前回よりも1.5mmほど後ろにカットオフカムを設置しました。

MAC10の時とは使用バッテリーが違うけど、マルイのミニSで回します。

その結果、『ウィパン!』から『パン!ウィ』になりました(*⁰▿⁰*)
いや、正確には『パン!』と『ウィ』が同時に来てる感じですσ^_^;

ちょっとガチャガチャした感じだけど、前々回の考察通り打撃音でギヤノイズをかき消してる、ように聞こえなくもないですねσ^_^;

セミのキレも物凄いです!
ガスブロと遜色ないレスポンス(*^ω^*)
コレは撃ってて気持ちいい!

https://youtu.be/3CaYcjI6B_8
↑↑↑動画↑↑↑








  


Posted by まさるーし at 20:12Comments(0)コン電

2017年03月04日

MAC10 プリコックカスタム

さて、前回MAC10の静粛性とレスポンスのアップの記事を書きましたが、今回はそれを実践してみたいと思います。

まず、素の状態のMAC10です。


外部バッテリーアダプターが付いてますが、取り外します。

とりあえずバラします。

関係ないけどお気に入りの塗装にします。


でプリコックの方法ですが、
セクターギヤのカットオフカムの位置を後ろへズラす事でピストンを後退させた状態でカットオフする事が出来ます。

まずセクターギヤのカットオフカムを削り落とします。

ギヤ自体がアルミなのでバイスなどにギヤを固定すれば棒ヤスリでも十分削れます。

新たにカムを設置したい場所に1mmの穴を開けます。
今回は初めての試みなので、とりあえず90度後ろ側へ設置穴を開けます。

カムの代わりに設置するのは1mm径のピアノ線。
先端を90度に折り曲げます。

曲げた先をちょうど良いサイズに削ります。

で、長い方もカットして

コレをセクターギヤの開けた穴に差し込みます。

差し込むと言うよりは圧入ですね。
部品の大きさの割にかなりの力が必要で、以外と簡単には入りませんでした。

横から

これでセクターギヤの加工は終わり。

すんなり終わったようですが実際はピアノ線の形状にかなり苦戦し、何度も作り直し
て今の形に落ち着きました。


そして組み付けを終え早速試射(*^ω^*)

ドキドキの1発目
トリガーを引くと、ギヤが回り発射する前にカットオフされました。
これは正常にプリコックされた証拠ですね(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

2発目
勢いよく発射音がしました!
『ウィパン!』

あれ∑(゚Д゚)!?
トリガーを引いてからのレスポンスは少しだけ早くなったけど、発射音は体感的に変化なし(・・?)

その後も試射するが大きな変化はない。
恐らくプリコックの位置がまだ手前だったのだろう。

ちなみに使用したバッテリーは純正のニッカド。
リポで回しても十分早いが、まだ『ウィパン!』と聞こえる。

セクターギヤのカットオフカムの位置をもう少し調整する必要がある。

使用するバッテリーによってはセクターギヤがオーバーランして2点バーストになる可能性があるからそれも考慮して位置を調整しなきゃいけない。

まだまだ改良の余地あり(-_-;)

そのうち動画もアップ出来ればと思います( ͡° ͜ʖ ͡°)

つづく



  


Posted by まさるーし at 20:42Comments(0)コン電

2017年03月02日

MAC10の静粛性UP&レスポンスUP

中古のMAC10をいじってみたいと思います。


MAC10の最大の特徴である静粛性を向上させ、なおかつ『ウィパン!ウィパン!』ってかったるいレスポンスを何とかしたい、この2点に絞って考察&実践してみようと思う( ͡° ͜ʖ ͡°)

まず静粛性に関して。
主に大きく聞こえる音は『ギヤ同士の当たるギヤノイズ』『ピストンがシリンダーヘッドに当たる打撃音』のふたつ。

コレはノーマルの状態でノーマルバッテリーを使用した時が最も静か。

コレにスプリングを強い物に交換すると
ギヤ同士の当たりも強くなるからギヤノイズが大きくなり、ピストンがシリンダーヘッドに当たる力も強くなるので打撃音も大きくなります。

リポバッテリーを使用すると
モーターの出力が上がり力強くギヤを回転させる為、ギヤノイズが大きくなります。

つまり、パワーアップさせようとスプリング交換、リポ化をすると静粛性は大きく失われてしまいます。


打撃音について。

以前、打撃音だけでも静かにさせようとシリンダーヘッドにソルボセインを使用したことがあります。

結果は、体感ほぼ変わりませんでした。
電動拳銃工房さんでも検証されてますが、やはり結果はほぼ変わっていませんでした。

いくらソルボセインを使用してもスプリング交換をすると、打撃音は大きくなったままです。
それどころか、試しで数百発試射して中身を確認すると新品だったソルボセインの表面が割れてボロボロに_:(´ཀ`」 ∠):
恐らくサバゲーに使用したら1日で交換時期でしょうね。
よって、シリンダーヘッドの緩衝材としてはソルボセインは不適切であることが分かりました。

ピストンの打撃音をノーマルより小さくする方法としては、スプリングを弱くするかエアブレーキピストンにするか。

スプリングを弱くしたら当然初速は下がります。
エアブレーキピストンにしてもシリンダー容量が減るので初速が下がります。

元々初速の低いMAC10でこの2つは致命的。
そもそもエアブレーキピストンは自作しなければならないし、高い加工精度を求められるのでもっと現実的ではありません。


つまりピストンの打撃音は!
ノーマルスプリングを使用して、緩衝材もノーマルの状態が最良と判断しました。


ではギヤノイズについて。

コレもやはりノーマルのニッカドバッテリーを使用した方が、ギヤの回転がマイルドなので1番静かです。

しかし、ゲームに使用するにはこのマイルドさが非常に足を引っ張ります。
しかもイライラします。

大抵の方はリポバッテリーを使用してこの欠点を補っていると思います。

しかし、上にもある通りリポ化はギヤノイズの増大に繋がります。

では、レスポンスは上げたいけどギヤノイズを静かにさせるにはどうしたら良いか。
私は不可能と思います。
レスポンスとギヤノイズは比例しているからです。

ならどうしたらいいのか。


ひとつアイデアがあります。

それは『プリコックカスタム』です。

プリコックカスタムとは

通常の電動ガンはトリガーを引いて接点が繋がると、モーターが回転を始めセクターギヤがピストンを引き、セクターギヤがピストンを引ききった時点でピストンが解放され前進して弾を発射する構造。

プリコックカスタムは、セクターギヤがピストンを途中まで引いた状態で停止させるので、トリガーを引くとピストンを少し引いただけで発射ができるカスタムです。

何でプリコックカスタムがギヤノイズに関係あるのか。
関係はありません。

プリコックだろうが同じギヤノイズが発生します。

しかし、通常の『ウィパン!』という音が『パン!ウィ』に変化します。(極端な話ではありますがσ^_^;)

という事は、『パン!』という打撃音の後に『ウィ』とギヤノイズが来ます。
『パン!』の打撃音は一瞬の音ではありますが、実際に音をよく聞くと『パァン!』と僅かながら余韻があります。

そう!
つまり、『パァン!』の余韻で『ウィ』をかき消してしまおうというアイデアです。

さらにプリコックの大きな特徴、トリガーを引いてからの発射が早く、
MAC10にとってコレは一石二鳥のカスタムではないかと思っています。

この記事のタイトル、静粛性&レスポンスアップとはつまりノーマルスプリングでプリコックカスタムを施すという事。

プリコックにすると常にピストンが後退している状態なので、保管時にもスプリングのテンションが掛かっていて内部パーツに負担が多く掛かってしまいます。
これもノーマルスプリングを使用する理由の1つです。

実際にコン電でプリコックカスタムってのは聞いたことが無かったので、この場を借りて人柱になってみたいと思います( ͡° ͜ʖ ͡°)

長くなったので、カスタム内容は次の記事にします( ͡° ͜ʖ ͡°)










  


Posted by まさるーし at 21:29Comments(0)コン電

2017年02月26日

MC51をいじる

中古でMC51を手に入れましたヾ(๑╹◡╹)ノ"



どうやら内部カスタムされているらしいので、中を開けるのが楽しみです╰(*´︶`*)╯

まずは体力測定


7.4のリポでコレはあまり良い数字とは言えない( ´_ゝ`)
初速はノーマルよりも程よく高いけど、レスポンスは凄くもっさりしてる( ´_ゝ`)
ま、いいや

いじる前にまず手元にあるパーツでM4ストック化にしてみよう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

ストックパイプの長いネジがG3SASのレシーバーキャップにそのまま入ります


ただ、パイプの中心のネジ止め1点だけだと力が加わった時にパイプがズレる可能性がある
パイプがズレないようにさらに裏から穴を開け、M3ネジをタップを立てて止める
またストックにバッテリーを入れるつもりだから配線用の穴も開けた


完成(*´ω`*)


かなりガッチリ付いてるからぶん投げたとしても取れることはなさそう(*´ω`*)


さてさて、一番の楽しみの中身チェックをしましょう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
アッパーを外してからのモーター取り出し


まさかのハイサイモーターが出て来ました!!
コレは嬉しい誤算ですね(*´ω`*)
しかしEG-30000でサイクル13は異常な数字。
メカボに問題を抱えてそう_(:3 」∠)_



外から見た感じ、シリンダーとベアリング軸受、シリンダーヘッド、ミリネジ化がされてますね( ͡° ͜ʖ ͡°)



ピストン、ピストンヘッド、スプリングガイドも変わってますね。
スプリングもカットして加工した跡がある。
でも特に異常はなさそう。
全部バラしてから部品を洗浄、メカボに割れ防止加工を施します。



レスポンスアップにセクターギアも3・1の4枚カット。
もちろん耐久性の高いスチール製を使用。
ギヤ比はスタンダードな18:1

スプリングもM120を2巻カットして初速を様子見です。



セクターカットをしたので、ピストンにはSHSのフルメタルティースを使用。
このピストンがまた厄介だった_:(´ཀ`」 ∠):
ピストンレールとガッツリ接触してピストンが動かない( ´_ゝ`)
強度的にピストンを削る事は出来ないからレール側を削るしかない。

けど細かい所を削るような工具を持ってなくて、ベルトサンダーの先端で慎重に削って何とかピストンがフリーになるまでになった(-.-;)y-~~~

これでようやくシム調整に入れる( ´_ゝ`)

そしてスパーのシム調整時に原因が判明した。
どうやらスパーの軸が歪んでたせいで回転の抵抗が増えてサイクルが異常に遅くなってたみたい。



スパーと軸受けを交換してシム調整が終わればあとはパチパチ組むだけ。
で、測定の結果は


スプリングを変えたから初速は少し下がったけど、サイクルはだいぶ早くなった(*´ω`*)

画像撮り忘れたけど、このあとチャンバーにシリコンスプレーを吹き付けたら、初速が95になった(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
パッキンがカラカラだと抵抗が増えて初速の低下に繋がるからシリコンスプレーはマメにやった方がいい。
マルイの説明書にも書かれてるけど、意外とやらない人が多いんだよね(-.-;)y-~~~



どの銃もM4ストックを付けると何故かスタイリッシュに見える(*´ω`*)
何よりメカボからバッテリーまでの配線を短く出来るのが大きい。
配線は少しでも短い方が電気抵抗が低くなるから、それだけで性能がアップする(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎



そして最後にコレ!

多弾マガジンが2個、錆びてるし微妙に色が違うから再塗装する事にしたんだ( ͡° ͜ʖ ͡°)

まずバラすには底のネジを外す


底のプレートをスライドして外す


中身を下に引っ張り出す


それを2個


表面をペーパーで足付けして錆びは削り取る


で塗装して乾かして組み上げたら完成


お気に入りのゴツゴツ塗装!
見た目新品!いい感じになったね(*´ω`*)


という事で、とりあえずMC51いじりは終わり( ͡° ͜ʖ ͡°)
  


Posted by まさるーし at 17:40Comments(0)

2017年02月26日

コン電でもイケる!MAC10をいじる その2

写真撮り忘れた_(:3 」∠)_

とりあえずバレルも交換して組み上がった(*´ω`*)
サイレンサーもMAC10らしく大きめの物に交換!
以外とカッコいいかも♪( ´▽`)


で、肝心の性能はこんな感じ


初速は94前後で目標以下だけど、それなり。
サイクルはスプリングを変えた事もあり、550mAhのリポで10〜11ほど。
かなり低い。

どうしようヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

そもそもバッテリーが劣化してる(´・_・`)

よし、ストックにバッテリー移そう(`・ω・´)



ビッグアウトさんすいません、
穴開けちゃいました



中はこんな感じで配線通す予定


そして前回付け忘れたSBDも付けて接点対策も(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎



MAC10にストックパイプを付けたのも初めてだし、後ろ配線にするのも初めてだから取り回しに四苦八苦_:(´ཀ`」 ∠):
本体左側を通して配線を全て作り何とかアッパーが閉まったから、とりあえず試射(^ ^)

の結果、セミフルどっちでもフルオートになる症状が出る(´・_・`)
左側の配線がカットオフの動きを阻害してるみたい。

試行錯誤のすえ本体右側の元々ストックのレールが入るスペースに配線を集中して作り直してアッパーもすんなり閉まった。



元々のバッテリースペースに20Aのミニヒューズを入れて安全対策もバッチリ(=´∀`)人(´∀`=)

セミフルの切り替えも問題無く、7.4v1200mAhのリポでサイクル約15rps。
ヒューズレスにすればだいぶ配線が短くなるからもうちょい早くなりそう( ´_ゝ`)

とりあえず初速とサイクルは次世代並みになった(*´ω`*)









  


Posted by まさるーし at 13:19Comments(0)コン電

2017年02月14日

ストックレスMAC10の作製 その2

この前のMAC10の塗装は全部同じ黒だったけど、今日はアッパーの色を少〜し変えて塗ってみた(`・ω・´)


これまたいい感じになったね(*´ω`*)
単色よりも質感が良くなった気がする✨




もうちょっとグレーでも良かったかも(´・_・`)

外装だけだから中身はすっからかんなのが勿体無いね_(:3 」∠)_

  


Posted by まさるーし at 16:42Comments(0)コン電

2017年02月13日

ストックレスMAC10の作製 その1

MAC10の中古の外装が余ってたんで、仕事中だけどちょっと遊んでみた。

この前のゴツゴツ塗装が思いのほか良かったからまたやろうと思ったけど、ただ塗るだけじゃつまらない。
ストックの穴を塞いでストックレスにしよう

と言うわけでまず穴の部分を樹脂で埋める。


この樹脂がなかなか硬くて削るのが大変だけど、なんとか成形できた。


まだ巣穴があったから、あとはパテを盛って微調整する。


で、お気に入りのゴツゴツ塗装


いい感じに仕上がったね(*´ω`*)
ストックの穴が何事もなかったかのように自然に無くなった(*´∀`)♪


今日はここまで
明日はアッパーレシーバーにアクセントで少し色を変えてツートンカラーにしてみる。
  


Posted by まさるーし at 17:50Comments(0)コン電

2017年02月06日

コン電でもイケる!MAC10をいじる その1

中古で東京マルイMAC10が手に入ったんで、早速カスタムをしてみたいと思います。

今回の実験台はコレ

結構いじってるのかと思いきや、中身はノーマル。

実際手に取ってみると本体を雑に削った跡などあり、あまり綺麗とは言えない感じ。
初速を測ろうかと思ったら、まさかの不動
でも元々バラす予定だから、パーツが破損してなきゃOK

とりあえず今回は初投稿なので目標は95mps以上15rps以上を狙ってきます


で、

写真を撮り忘れたので飛びますが、外装を修正して塗装した状態がコレ



あの中古の見た目から一変、まるで新品の装い✨

表面をゴツゴツさせた重厚な見た目と、無骨なMAC10のデザインがベストマッチ✨
全てのパーツを外して塗装したので、塗料のはみ出しもなく塗り分けも完璧

コレ、いいな✨


さて、メインのメカボックスですが、

特に異常はないですね。


中も以外とキレイです。


見た感じ磨耗も少ないから使用歴は浅いようですね。


キレイに脱脂して、軸受けの1番回転数の高いベベルにベアリングを使用。

このベアリング軸受けですが、実は非常に厄介な存在でして
メカボ、ギア、軸受けの相性によっては逆に抵抗が増えます。

何度かコン電でベアリング軸受けを使用した事がありますが、シムを入れない状態でもキツキツで逆に抵抗になる事が多々ありました。
しかも、樹脂とベアリングでサイクルの差はあまりありません。
費用対効果は非常に低いです。
相性が悪いと逆に遅くなる始末なので、コン電に限ってはオススメしません。
どうしても使いたい場合は予備のギアなど用意すると良いでしょう。
私はそれで何度も助けられました。
今回は余ってるベアリングがあったので、おまじない程度で入れてみました。


シム調整はこんな感じ。
メカボのネジはプラスネジに交換すると、開け閉めがスピーディになるのでシム調整も少し楽になります。

あと、割とあるあるなのがセクターがシム無しなのに最初からキツくて回りづらい症状。
コレはカットオフカムを少し削ると良くなる事が多いです。


メカボックスのオーバーホールとスプリング交換が終わりです。
スプリングのかさ上げは耐久性の観点から入れないと決めてます。
金属パーツはシンナーで脱脂しているのでメカボにスタンプされてる6桁の数字が消えました。


今日はここまで。。。
















  


Posted by まさるーし at 23:56Comments(0)コン電

2017年01月31日

ミリブロはじめました

東京マルイのコンパクト電動ガンをメインにカスタムの研究をしていこうと思ってます。

研究のテーマは、
『初速の限界突破!だけどサイクル15以上』
『ノーマルスプリングで抜群のキレ、初速90カスタム』
『高耐久、並初速でニッカドでもキレッキレのインドア専用カスタム』
の3本柱です。

休日の空いた時間にやるからマイペースに進行してきます。


  


Posted by まさるーし at 22:47Comments(2)